認知症になりやすい人の傾向を3つ!

認知症は、ある程度は予防をすることができると研究からわかってきています。

そのため、その予防をするということが大切なのです。

認知症には、なりやすい人なりにくい人がいるのでしょうか?

実は、認知症には、なりやすい傾向の人がいます。

ここでは、認知症になりやすい傾向の人をご紹介していきます。

あまり話をしない

話をすることが嫌いという人は、認知症になるリスクが高くなります。

それは、話をしないということは、それだけ脳への刺激が少なくなるからです。

ひどくなると、一日じゅう人とあっていない、話をしていないということもあると思います。

しかし、そのままではとても危険なのです。

そのような人は、できるだけ外出をして人と話すように心がけましょう。

人と話をすることによって、普段使っていない脳を使うことになります。

そのことは認知症を予防することにつながります。

人と話す事が苦手という人であっても、案外と話をしていると楽しい気分になる事ができますよ。

 

運動をしない

運動をしないという人は、認知症になりやすいです。

それは、体の代謝が悪くなるので、不健康になりやすいから、ということでもあります。

運動をするというほどでもないけれど、部屋の中から出ない、ほとんど動かないという人はとても危険度が高くなります。

部屋から出ないという人でも、家事をする、家の中の掃除をする等、こまめに動いている場合はいいのです。

毎日のくらしの中で、動くということを、心がけることによって、体を健康に導く事ができて、その結果、認知症も予防することができるようになります。

 

感情を表さない

感情の起伏が激しすぎるというほどでなくても、少しは感情を表に出すことは、大事です。

それは、気持ちが豊かになることによって、喜びを感じる事ができるからです。

喜びを感じる事ができると、脳の血流が良くなるので、その感情を持つ事は、とても大切なことです。

たまには、自分の好きなビデオ鑑賞をする等、楽しいと思える気分になって、感情を表に出すようにしましょう。

 

まとめ

認知症になる傾向の強い人は、心がけ次第で予防をすることができます。

予防をすることが出来るように、毎日を暮らして行きましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です