認知症になりやすい人の傾向を3つ!

認知症は、ある程度は予防をすることができると研究からわかってきています。

そのため、その予防をするということが大切なのです。

認知症には、なりやすい人なりにくい人がいるのでしょうか?

実は、認知症には、なりやすい傾向の人がいます。

ここでは、認知症になりやすい傾向の人をご紹介していきます。

» Read more

認知症による徘徊事故の予防に、地域でできることを2つ!

認知症の症状の中でも、必ず起こってしまう中核症状として見当識障害があります。

時間や場所がわからなくなってしまう症状です。

歩き慣れた自宅の近所であっても、その場所の状態が理解できず、方向感覚がなくなってしまいます。

そのため、徘徊という行動になってしまいます。

徘徊が始まってしまうと、本人にすら行き先がわからなくなってしまうので、介護をしている人も、探し出すだけでも大変です。

最悪、本人が怪我をしたり、他人とトラブルを起こしてしまったり、命に関わる危険が出てきてしまいます。

その危険を予防するために必要なことは、地域の支援です。

ここでは、認知症の方や介護をする方を支えるために出来ることを2つご紹介します。

» Read more

認知症の3つの種類と予防について

認知症とは、人間の身体を動かしている脳の働きが弱まり、日常生活に支障が出てしまう状態のことをいいます。
ここでは、そんな認知症の3つの種類と、認知症の予防についてを紹介していきたいと思います。

» Read more

祖母が認知症になってからの3大ショック!

少し離れたところで暮らしているおばあちゃん。

先日の入院で認知症であることが判明しました。

無事に退院はできたのですが、それからの暮らしぶりは以前とは違ったものになったようなのです。

ここでは、祖母が認知症になってから私が受けたショックを挙げてみたいと思います。

» Read more

認知症には脳トレ!

「認知症には脳トレが1番」

人は、読み書きしたり、物事を覚えたり、言葉を話したり、物事の善悪を判断したり、などのことを脳が全てやってくれています。

この脳は、二十歳までどんどん発達してくれますが、二十歳を越えると発達しなくなります。

発達が止まるだけなら、まだしも、この脳、年を追うごとにどんどん小さくなってしまうのです。

平均的ですと、80才ぐらいまでは脳の機能は低下しないはずなのですが、この機能の著しい低下を認知症と呼んでます。

» Read more

体験談!母の認知症について

認知症を発症した、私の母の体験談を紹介します。

当時、変わりゆく母の状態を知り、原因もわからず、何の病気かもわからず、どう対処していいのかもわかりませんでした。

今ほど認知症に対する医療や行政サービスも進んでおらず、困り果てていた状況などを紹介していきます。

» Read more

認知症の6割がアルツハイマー型!早期発見3つのポイント!

認知症には、さまざまな種類の病気があります。

なかでも、アルツハイマー型認知症脳血管性認知症レビー小体型認知症が、患者数が多く、三大認知症と呼ばれています。

三大認知症の中でも最も患者数が多く、認知症患者の約6割を占めるのが、アルツハイマー型認知症です。

アルツハイマー型認知症は、発症してから死亡するまでの平均的な余命が15年ほどと言われています。

その間、症状は、徐々に悪化していきます。

脳血管性認知症が症状の変化をあまり見せなかったり、レビー小体型認知症が長い間一定の症状を示すことがあるのに対して、アルツハイマー型認知症は、症状が不可逆的に進行するという点で、特徴があります。

ここでは、アルツハイマー型認知症を早期に発見するためのポイントを3つご紹介しましょう。

» Read more

認知症における3つの中心的症状と予防法

認知症は、脳の働きが低下する病気です。

進行すると社会生活がおくれないため、家族や社会にとって、大きな問題となっています。

認知症には、脳の血管が詰まったり裂けたりして、脳組織が破壊されるものと、脳神経が急激に減少し、脳が委縮する原因不明のものがあります。

ここでは、認知症における3つの中心的症状と予防法について紹介します。

 

» Read more